無料ブログはココログ

2014年8月 4日 (月)

またやった ママチャリトライアスロン

出場して来ました
たかはらやまトライアスロン


3年前に一度出場し、今年は卒業生のナオキとエントリーしました



朝4時半にモスビルに集合し、自転車を積み込んで出発
ナオキは塾長の使っていたロードバイクを借り、西山は前回同様ママチャリで出場
ママチャリは直前に新車を購入。今回は前回の26インチとは違い27インチにした

渋滞もなく会場には6時半頃に到着

受付を済ませ、2人とも着替え、準備をした
ナオキの装備はカッコいい
ちゃんとトライアスロン用にランニングパンツを兼ねた水着を着て来ていた

一方の西山もスイムからバイクへのつながりをスムーズに済ませるためにランニング用のパンツと水着を兼ねている
まあ、いつも通りの短パンである。バスケ用の短パンなので水の抵抗もかなり大きい


8時より開会式というので、プールサイドへ集合した


30分からは選手コースのスタート

私達は9時からのスタートである
ただでさえ遅い一般の参加者達のスタート時間が遅いのはどうなのかと思いながら待っていると、時間が近づいてきた


スタート時間になり、番号の早い選手から順番にスタートしていく
ナオキと自分の3つ違いなのでスタートもほぼ同時だった

ついに自分の番が来た


スイム1.5km

少し緊張しながらプールに入った

スイム1500mなので、50mプールを15往復する

何を思ったか、一回目の息継ぎで水面より上に口が出ていないまま息を吸おうとして水を飲んでしまう
が、始めの50mは一度も足をつかずに泳げた

今年は行けそうかも
と思い、帰りの50mへ

一往復目の復路25mに近づく頃にはキツくなって来て、もう足をついてしまった
その後は25m刻みで溺れるような格好で何とか泳ぎ続けた
途中で足がつりそうな感じがしたが、危ない時は足の力を抜きながら泳いだ
プールも混んでいて、他の選手に抜かれる時に何回も蹴られたり手がぶつかったりした
でっかい図体しているくせにコースの真ん中でノロノロと泳いでいたのでさぞジャマだったろう


今年はゴーグルもつけることにしたし、泳ぎの練習も少しはしたから、少しは泳げるだろうと思っていたが、ほとんど成長は見られず、バタバタしてもがいて、何とか泳ぎ切ったという感じだった


泳ぎ始める前は見ようと思っていたタイムも、そんなものをチェックする余裕は無く、泳ぎ切る前にはプールがほぼ貸し切り状態に


ちなみに10秒遅れでスタートしたナオキには泳ぎ始めて数十秒であっさりと抜かれた



バイク40km

スイムを終え、バイクトランジットへ向かうと、当然だが他のバイクはとうに出発していて、自分のチャリしかなかった


ここから巻き返しを図らなくてはならないのだが、例によって私の相棒はママチャリである


ヘルメットは塾長の使っていたロードバイク用のものにした
前回の原付の半ヘルでは重すぎ、通気性も悪いから、そこだけは変えようと思った
それ以外は前回とほぼ同じく変速ギアなしである


もうここまで来たら勢いだ。と思いスタート
始めの5、6キロは平坦な道が続き、そのあと長い坂道がやってくる
泳ぎで腕も疲れているので姿勢を保つのもツライ
なんだか足も重い気がした


スタート前の準備の段階で水と食料を詰めたリュックを自転車のそばに置いておいた
大会関係者の方に、この荷物を背負って乗るの?と心配されたが、途中でエネルギー切れになる方がよっぽど心配だったので、水1リットルとソイジョイ、ウィダーインゼリーを入れておいた


坂道はやはりキツく歩いてるのと変わらないくらいのスピードでしか登れない
しかもずっと立ち漕ぎである

本格的なバイクに乗っている選手の人もきつそうだ

登りの途中で少し休憩し、ソイジョイ食べる

食べたものがすぐ吸収されるわけでは無いのだから、気持ちの問題かもしれないが、甘いものを食べたことで少し元気が出た

よし!と気合をいれ前を走るロードバイクを1台抜いてやった
が、その後すぐに抜かれた
余計な事はするもんじゃないですね(^_^;)


やっとの思いでダムのある折り返し地点に辿り着き、給水

ママチャリに審判員の方も驚いていた

「学校に行くような格好だね」と言われたので、「行って来ます」と返しておいた


下りは速いこと速いこと
空気をパンパンに入れたタイヤはスイスイ進んでいく


下りでも1台抜いてやった
キッズの選手だったが、そんなことはどうでもいいのだ(大人気ないとよく言われます)


山間の田園の中を自転車で全力疾走する様は、映画のワンシーンのようで、なんだか気持ちよかった


スタート地点に戻り、二往復目

一往復目とは違い、さすがに疲れが見え始めた
足にも来ているのか、ペダルを漕ぐ力が入りづらくなる


さっきは1回の休憩で何とか登れた坂道で3回も休憩してしまった
下りが思いのほか早く、審判員の方に、まだ時間はあるよ。と教えてもらったのも大きかった

いける!
時間内ゴールできる!

という気持ちが強くなり、最後のひと踏ん張り


ダムの折り返し地点に着き水を飲み、最後の下りへ


さっきの映画の事を思い出し、リュックに入れていた携帯で音楽をかける
ファンキーモンキーベイビーズの「ちっぽけな勇気」

イヤホンも持っていたが、他の選手はほとんどいなかったので(さっき抜かした選手達はどうやら2往復目に入っていた人達だったようだ)


ご存知の方もいるかもしれないが、「僕たちと駐在さんの700日戦争」という映画で、最後に主人公が河原に向かってチャリを漕ぐところでこの曲がバックにかかっている

自分はなんだかそのシーンが好きで、市原隼人のようなイケメンではないが、もう心の中ではイッチーになって、うぉぉー!と叫びながら漕いだ(あくまで心の中で)

変速ギアがない分、心のギアチェンジをというギャグをやりたかったがためにギアなしチャリにしたのだが、本当にそうなった


なんとかバイクもゴールし、あとは10キロのランだけだ

他の選手達も続々とゴールしている模様

これはタイムアップ前に入れるように頑張らなくては!と、最後にリュックの中に残っていた水を飲み干した


ラン10km

もうここまで来たらあとは気力の勝負

ここ最近は練習で10キロを走ることも無く、久しぶりの距離だった
しかも炎天下
めちゃめちゃ暑く、疲労も溜まって来ていた

かなり遅いペースだったが、バイクからの勢いで何とか走り始めた
田んぼのそばを走るので、気温だけじゃなく湿度も高かった
息も苦しくなり、エイドでは水をかぶりながらなんとかスタートに戻り5キロの折り返しへ

途中でナオキに会ったが、やつも苦しそうだった


途中で歩くことなくを目標にしていたが、きつい登り坂に体力を奪われ、途中で2キロほど歩いてしまった

ナオキも歩いていて、すれ違う時に声をかけたが今度はさっきよりもさらにキツそうだった


残り3キロになり、よし、ここからが頑張りどこだ!と自分に言い聞かせ、走り出した

一歩ごとに「いける、いける」と自分に声をかけながら足を前に出すことに集中した
キツさは変わらないが、体は動くので、着々と進んでいく


あと1キロ…
ここで前を歩いていたナオキを抜いた
抜き際に、行くぞ!と声をかけ鼓舞したが体力の限界に来ていたらしく走り出せなかったようだ


最後の上り坂を上りきり、ついにゴールが見えた

一つ前を走る選手を抜けるかギリギリのところだったが、やっぱりゴールの瞬間の写真写りは大事なので、係の人がちゃんとゴールテープを準備できるタイミングを見計らい、しっかりとスーパーマリオばりのジャンプを決めゴール(ちゃんと写ってるかな)


制限時間2分前だった


前回は選手コースの30分早いスタートだったにもかかわらずタイムオーバーでのゴールだった
今回は泳ぎも全然、自転車も競技用に比べれば遅かったはず、ランも走りはしたが、普通のペースよりはずっと遅かったはずなのに、どこでその時間が縮まったのか
謎である

完走証は後日送られてくるようなので、それでタイムの結果を見てみたいと思う


少しだけ遅れてナオキもゴール

2人で完走を讃えながら、振る舞いのビールを手に祝いの乾杯をした


炎天下の中、4時間もの間動き続けていたのだから2人とも相当日に焼け、疲れていた


しかし、今回のトライアスロンで1番日焼けをしたのは、2人がスタートしてからゴールするまでの間会場で待っていてくれた古田先生だった
2人の走っているところを写真に収めようと、日なたで待ち続けたらしく、もう真っ黒である
出場を決めたときから、行き帰りの運転手を買って出てくれ、朝も早よから付き合ってくれた
助かりました。ありがとうございました


表彰式が始まり、前回貰えたママチャリ特別賞は、今回は無かった
(実はちょこっとは期待していた)


次の日からも夕方のランはしたが、3年生達がサッカーをするというので、誘惑に負け、1キロだけ走ってそっちに参加した
小学校のグラウンドで思いっきりこけて泥だらけになったが、これも面白かった


帰りにナオキは少し暑さに参ってしまったようで、祝賀会はまた今度に持ち越しにすることにした
他の卒業生も呼んで同窓会のような飲み会にするのもいいなbeer

riceball西山riceball

2014年7月28日 (月)

7月27日 みんなでプール

とはいっても参加者は2人
小5のNと私だけである


引率自体は楽でいいが、少しさみしい

ただ、来週日曜にトライアスロンを控えていたので流れるプールは素通りし、25mプールへ
当日は1.5キロ泳ぐ必要があるので、同じ距離を泳がなくてはと思い練習開始
Nも巻き添えを食ってあまり得意でない泳ぎを練習する羽目に

体も小さいので25mはかなり長かったようだ
1、2本泳いだだけでへばっていた


私の方は構わず何本も泳ぐ
ただ、相変わらず下手くそで行きは勢いがいいが後半は失速
しかも息継ぎも下手だからだんだん疲れ、50m泳ぐごとに休憩しなければならない
市民プールは1時間ごとに休憩が入るため、初めの時間で600m、次の時間で550m、3時間目で350と、分割して1500m泳ぎ切った
こんなペースで当日は大丈夫だろうか…

その間、小学生のNも平泳ぎの特訓をして、ゆっくりながらも100m泳ぎ切ったらしい
結構頑張っていた



途中古田父子参戦し、息子のシュートとも遊んだ
浮き輪をつけてプールにプカプカ浮いていたのでちょっと沈めてやったら水を飲んでしまったらしい


昨日は日差しも強く、日焼けで肩が痛い

ゴーグルもつけずに泳いでいたので、後半はかなり目も痛くなった
これは大会に向けてゴーグルを準備すべきだな


夜はバスケにも行き、いい運動ができた日だったかな



追伸
夏期講習のランニングは7月31日の第二期から始まります
高校入試説明会で、「成績を上げたければ走れ」とか言ってたのに、開始日伝え忘れすみませんでした
31日から夏期講習ある日は毎回夕方6時から走ります
集合場所は北浦和小学校の正門前です

riceball西山riceball

2014年7月 4日 (金)

トライアスロンあと一ヶ月

来ました↓



出場許可通知です


トライアスロンは8月3日なので、ちょうどあと一ヶ月後です

走る練習が足りないようで、この間バスケットをしたらすごく息切れしました
最近はお風呂に入ったときにスクワットの練習をしてますがまだ50回くらい…
自転車のコースは上り坂がきついので、とにかく足を鍛えないと


泳ぎは・・・sweat02

7月27日にみんなでプールに行くので、そこで練習かなcoldsweats01
プールは小学生の夏期講習前のお楽しみイベントです
みんな参加してねshine
近々ポスターも掲示しますね

riceball西山riceball

2014年6月16日 (月)

田植え、まさかのカツー登場

15日日曜日は田植え

それまで連日雨が降り続いていたのに、当日は快晴
本当にいい天気でした




稲刈りが雨でできなかった時はあったけど、田植えはなぜか毎年晴れるな


今年は総勢18名の参加でした
最近入ったそろばんのNちゃん家族、5人全員で参加
速読生で去年も参加したYとその妹も

小学6年生のSは、最近塾で玄米を食べ、玄米食にハマり、自宅のご飯も玄米に変えてもらったほどだったので、「田植えに参加すれば美味しい玄米が貰えるよ」と言って誘った

よくブログに登場する高1のY之介
最近塾に入った小学3年生のAちゃんはお父さんと参加してくれた

毎年そうだが、田んぼの場所はわかりにくい
というか説明しづらいのだ
そろばん生のMちゃんとその友達は場所が分かりづらかったようで、来るのが遅れ後からの参加になってしまった(説明不足すみませんでした)

中学生達は北辰テストとテスト前勉強会なので誘えなかった(残念)





田んぼにつき、周りの草っ原で遊び出す小学生&高校生
SとY之介が着ていたTシャツを脱ぎ出したので、小柄なSのTシャツはどんなもんかと着てみた

↓パツパツcoldsweats01まあ当然だけど



このアフロってのが気に入った

なんだか下は小1から高1までいたのに、なんだかウマが合って兄弟みたいにしていたのが微笑ましかった




水のフォルム藤原さんからの説明が始まり、みんな田んぼへ

初めて田んぼに入る子が多く、恐る恐るという感じだったが、みんな慣れると泥を撒き上げて遊んでいた
自分らだけが泥だらけになるならいいが、周りの大人達も巻き添えを食う




日照りも強く、結構疲れた

途中休憩が入り、テントに戻り水分補給をしていると、一台の車がやってきた
通り過ぎるのかと思って避けていると、なぜかバックして戻ってきた

どうしたんだと思っていると、中のドライバーが手を振って来た
よく見ると卒業生のカツーだ
カツーは自分の3個下で、塾には高校卒業まで通っていた
昔はよく塾長と一緒にワックスがやら、自然塾の下見やらをした仲だ
塾を卒業した後は運送会社のバイトに入り、時々塾に配達にも来ていた
その時よく一緒に来ていたそのY運輸の先輩の人の話では、免許が取れれば社員としての採用も上司にお願いできるのだけどと聞いていた


そんなカツーが車を運転していたので、ちょっと驚いたのと、なんか嬉しかった
偶然だなぁ、お前免許取ったのかと、車に乗り込んだ
やつは車が汚れると言って慌てていたが、まあ、後輩が免許を取ったのだからその腕前を見せてもらうのは大事なことだと思い気にせず助手席に座った

バイトは辞め、写真の専門学校に通い、今は写真の仕事をしているらしい


少し走らせると、停めてあった塾の車に横付けした
話を聞くと、ホームページで田植えのことを知り、写真でも撮りにと来てくれたというのだ
わざわざそういう気を利かせてくれるのがやつのいいとこだと塾長もよく話していたなぁ

というわけで、田植え後半戦の写真係はカツーにバトンタッチ

さすがプロとしてやっているだけあってカメラもカッコイイ
全部で20万くらいはするらしい


植えている間、暑い中ずっと撮ってくれていた

後で塾にSDカードを届けてくれたそうで、なんと200枚近くも撮っていたらしい
すごい枚数だな…
肝心のカツーの写真は、残念ながらありません
一生懸命植えてたからな。と言っておこう


カツー、ありがとう
今度一杯奢らせてくれbeer


今年も田植えは無事終了

無肥料無農薬で作るお米
今年も楽しみです



↑帰りの車の中。兄弟みたいでしょ



とりあえず近々雑草取りに行かないと
去年は1人でやることになり、さすがにキツかった
今年は誰かを誘って行こう、と考えているのは実は毎年のこと

riceball西山riceball

2014年5月21日 (水)

2年越しの誕生日

新年度が始まり1ヶ月もたつと、新しい環境でいろんなことが起きる。

昨日、小学生の授業の合間に執印さんから、Yが来たらお母さんが連絡を入れてほしいと連絡があったと言われた。
 
 
 
何があったのかはその時詳しく聞けなかったが、どうやら部活を休んでいたらしく、その理由はお母さんからもっと勉強をするようにと言われたから、と顧問の先生に伝えていたということだった。
お母さんはそんなこと言ったことはなく、むしろ部活を頑張れと言っていたようで
「その旨、了解しました。」と部活の先生からお母さんに連絡が入ったことで、嘘をついてさぼっているのが発覚したらしい。
 
 
いつもは授業の20分、30分くらい前から塾に顔を出す生徒なので、すぐに塾に来るだろうと考えていたが、昨日はいつまでたってもやって来ない。
嘘がばれたのが気まずくて来ないのかとも思っていると塾の入り口にお母さんが来て立っていた。
 
 
立って待っているのも大変かと思い、中に入ってもらい話しをしているとようやくYが到着した。
帰りの電車で寝て乗り過ごしたと言っていた。
 
 
お母さんに叱られている中でも、周りに私たちがいるからか、ずっと悪態をついていた。
 
 
授業開始の時間になってしまったので、私は授業に入ったが、結局、Yはその日の授業は欠席し、帰ることになった
帰り際に事務のスタッフに「塾も辞めることになった」と話して帰ったそうだ
 
 
その話を聞いて、お母さんともメールをした。
内容としては、昨日は親子ともに冷静に話せる状況ではなく、勢いもあって、学校も塾も辞めろという言い方をしたということだった。
その話を受け、親にも話しづらいことや、叱られている状況でうまく言えないこともあるのかもという気持ちが出てきて、一緒にご飯に行って話しを聞こうということになった
たまたま水曜日の夜は授業がなかったので、小学生の授業が終わり次第すぐにYの家に向かった。
 
 
昨日黙って帰ってしまったことで気まずく感じていないか少し心配したが、そんなことは全く気にしていない様子で安心した。
 
 
いきなりどこかに行くのもなんだったので、少しドライブしながら話しを聞くことに
 
聞いていくと、剣道部の同じ学年の子が全国大会に行くくらい強い子で、その子との差が大きく、自信を失ってしまい、辞めたくなって部活も休みがちになってしまったようだ。
先輩、顧問の先生もどうしてもそちらのほうに期待の目がいくということも気にしていた。
今回のウソ事件はそれが原因だった。
 
「おいY、今部活を辞めるのはできるけど、他の子がうまくて、自分が周りと比べて下手だからつまらないなんて、そんな理由で辞めちゃうのはもったいないぞ。」
「この先、この部活のことだけじゃなく、周りと比べてうまく行かないなんてことはたくさん起きてくる。そのときに今日と同じことを言ってつまらないから辞める。
うまく行かないから辞めると言って全部辞め続けるのか?
それよりも、今ここでお前がきついと思っている状況を乗り切ることが絶対にプラスになると思う」
「富士山だって、途中であきらめたくなったけど、最後まで登りきっただろ。そんなお前なら絶対できる」
そんな話をした。
 
 
部活については「少しまた考えてみる」と話していた
 
自分としては、どちらの結論を出すにしても、始めて1ヶ月は短いと思ったし、絶対続けた方がいいと思った。
部活を辞めて勉強に絞って頑張ると言っても、なかなかうまくは行かないと思うし、剣道部の活動を通して学校の授業だけでは学べない多くのことを教えてもらえると思う。
確かにみんなの期待を浴びられないという辛い状況かもしれないけれど、そういう中でもひたむきに頑張るということも大切な勉強になるんじゃないかとも
 
もちろん無理やり押し付けるべきものでもないし、最後は本人が決めるべきことでもあるので、「結論はお前が出しな」とは伝えた
 
Y、俺はお前には頑張ってほしいと思っているけどな
 
 
一通り話し終わって、どこでご飯を食べようかという話になったときに、無性にびっくりドンキーのメリーゴーランドが食べたくなった
ので、びっくりドンキーへ行こうと言って向かった
 
 
途中、ふと2年前にYが誕生日近くに鍵が無くて家に入れず、塾長にカウボーイ家族に連れて行ってもらった話を思い出し、その話をすると、何と今日が誕生日だった。
すごい偶然。このタイミングでこうやってYと話しに出かけているのも何かそういうインスピレーションがはたらいたのか、なんて思った
 
 
店員のお姉さんからのハッピーバースデーの歌のプレゼントは無かったが
今日はYにとって少しはいい誕生日にしてあげられたのかな
ちょっと説教っぽくなってしまったかな
まあ、お店に行っても周りにいる女の人の顔を見て、あの人は綺麗だとか、そんなことばっかり言っていたから、よしとしよう
 
 
それにしても、よく食うやつだった
ハンバーグ300グラムとご飯、フライドポテト、デザートのパフェも注文して、おまけに1リットルくらいあるでっかいリンゴソーダまで飲みやがって
昼には生徒を連れて大盛りの天丼も食べたのに・・・
 
誰がって?
そりゃ、決まってますよね
 
riceball西山riceball

2014年5月19日 (月)

トライアスロン申し込み完了

たかはらやまトライアスロン、申し込みしました
スイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロのオリンピックディスタンス
8月3日、日曜日


3年前に同じ大会に出場し、一応完走したが、実際のタイムは規定よりも20分もオーバーしていた

時間ギリギリで最後のランに入っていたから待ってくれたのかも
ゴールしたときに司会のお姉さんから、「今度は20分早くゴールして下さい」と言われてしまったし


ということで、今回はタイム内完走目指して頑張ります


今回は卒業生のF島も、Winビルのオブジェとなっていた塾長ロードバイクで出場bicycle
20万以上するオブジェも活躍の場ができてよかったよかった


3年前は泳ぎも一切練習せず、大会当日、スタート直後に25mしか泳げない事実が発覚したので、今回は少しくらい泳ぐ練習もするかな


ランについては、ちょうど最近木曜日の授業終了後、ホシーノ講師の卒業で活動が休止してしまっていたボクシング部の時間に、事務スタッフのI本と筋トレ&ランニング部を創設し、活動し始めたところなので、そこで少しは練習できる


バイクは、前回26インチのママチャリだったので、今年は27インチのママチャリに変える予定だし、椅子も、3年前はいつも乗る高さで、すごく低くなっていたのを高い位置に上げれば乗りやすくなるかもしれないから、それでタイムも変わると思う


それに、前回は最後の10キロランのときに疲れ切ってほとんど歩いてしまったので、そこをなんとか根性で走り切れば大分早くゴールできるんじゃないかと思っている
歩くのとゆっくり走るのでは全然違うはずだし


問題は当日運転をして俺たちと自転車を運んでくれるドライバーだけだ
夏期講習の最中でみんな忙しいだろうし…



卒業生で運転のうまいやつを探すかな

riceball西山riceball

2014年4月24日 (木)

東大ウォーク

行って来ました!4月20日(日曜日)

昨年は雨で中止だったので2年ぶりの実施です


今年は小学生から高3、卒業生の大学生、保護者の方もたくさん参加してくださいました

今年はそれに加えてうちの犬dogも参加させた


名前はテツです(ブログ初登場ですかね)
よろしくお願いします☆


今回は総勢30名でスタート
東大ウォーク来ない?と声をかけたときには、絶対行かない!と言っていたのに、テツと歩こうと言った瞬間に、絶対行きたい!と奇跡の変わり身を見せた小学生のS、中2の剣道部で仲良しコンビJとTがテツにくっついて西山グループで歩き出した


北浦和公園前から17号をまっすぐ行くだけの簡単なコースなのでのんびり歩いていたら、2つ目の信号でいきなり置いて行かれた

途中から参戦のTのおじいちゃんと合流したが、これまたすぐに置いて行かれた
このTおじいちゃん、新潟から京都(!)まで歩き通すほどの健脚の持ち主だそうで
そんな距離歩いたら北浦和から東大まで何往復できるのか…

健脚おじいちゃん、Tに万歩計を預け一気に先頭に合流


はじめは興奮していたテツも少し落ち着いて来たので繋いでいたリードを中2のJTコンビに預けた
JTコンビ、仲良く2人でテツを引っ張っていた、いや、テツに引っ張られていたのか
小6のSは体重が23キロしかないと言うので、体重20キロを超えるテツを引くのはちょっと遠慮してもらった




4人で歩いていたら、第一の休憩ポイントに到着したが、先頭から10分ほど差が着いていたようで、テツを連れたJが先頭を歩くことに



一時は強制的に先頭に立った西山グループは、戸田橋を渡るころには、またしてもビリ集団になっていた
基本的にゆっくり歩くからかな
どんどん置いて行かれるんだ、これがsweat02

板橋に入る頃にはTの持っていた万歩計も1万歩を越していた
西山グループには、こちらも犬がいるならと参加した中3のSちゃんとお姉ちゃんのリュックを背負わされ、さっさと先に行かれてしまった健気な弟の小4のNが加わり、少しずつ人数を増していた


少し行くと長い上り坂があり、そこに差し掛かると、脇道からひょっと、小6のIがお父さんと一緒に出てきた

よく見ると、まてよ、Iの様子がおかしい
どうやらここに来て疲れから挫けそうになってお父さんに甘えていたようだ

奮起を期待して、「おい、I、疲れて泣いてたんだろ」と言うと、お父さんが一瞬、まずい。という顔をした気がした
どうやらホントに泣きそうになっていたようで、みるみる表情が曇ってしまった

そのままその場に立ち止まりそうだったので、腕を掴んで強引に歩かせ、おかしな話をしたり、励ましながらで、少しずつ笑顔を取り戻すことに成功した

そこからはお父さんと一緒にIをなんとか引っ張りながらで歩いた


Iは、体力的にキツイというより気持ちが負けていただけだったので、面白いことがあれば笑うし、急げー、というような掛け声に反応して走ったりすることもあった
ただお父さんがそばにいたことで、甘えが出ていただけだと思う


結局何度も挫けそうになりながらも着々と歩き続け、少しずつゴールに近づいていった


だんだんと他のメンバーにも疲れが見えて来た頃、一つ先を行く福島さんのグループと合流した

こちらにも前回の東大ウォークに参加していた今年から中1のNちゃんがいて、足が痛いと訴えていたようだった

福島さんグループで、高3になったMちゃんがよく面倒を見てくれていたようで、ずっと一緒に歩いていたみたい

東洋大のキャンパスが見え、ゴールまであと少しのところまで来ていた

IとNちゃんが入れ替わる形で、西山グループが先に行くことになった

途中、Mちゃんが体の小さいNちゃんをおんぶしてあげていたりもした
Mちゃんは学校のプログラムで去年1年間カナダにホームステイしていて、滞在先で小さい子達と関わる機会もあったからか、すごくいい感じでコミニケーションを取れていた
初めて会った頃は小学2年生くらいだったMちゃんも成長したなぁcrying


西山グループが赤門に着く頃には、他のほとんどのメンバーは既にゴールしていた

Tの万歩計は3万歩を超えていた


自分がゴールしてから20分ほどで福島さんのグループもゴールmotorsports

途中何度も挫けそうになったIも、少し足を引きずりながらではあったが、しっかり自分の足で歩いてゴールできた

よく頑張った!!





後日談、実はホントに辛かったのはお父さんの方で、膝が痛くて仕方なく、何度も諦めて車に乗ろうか考えたそう
ただ、スタートするときに、今まで車に乗った人は1人もいません。というのを聞き、お笑いの伝説を作ってなるものかと意地で歩き切ったそうです


今年も怪我もなく、無事に全員歩き通せて良かったです


やっぱりイベントでは普段とは違った生徒への関わり方ができること、また、長い時間一緒にいられる事で生徒の色々な一面が見られるのがいいですね(^^)


勉強だけじゃない、WIN&WINのイベントは今年も楽しく一生懸命頑張ります!


riceball西山riceball

2014年4月 8日 (火)

WINWIN剣道部発足!?

めちゃめちゃ久しぶりの更新
というか、復活というのに近いブログ投稿です

なかなか手がつかず、ズルズルと書かないままにしてしまってましたm(_ _)m

また、いろいろと起こったことや、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくることにしたいと思います



今日は生徒の中に剣道部の子がいて、剣道しようよ。という声に応えるべく、駒場体育館で剣道して来ました

今回の参加者は、この春から高校生になるY之介、中学生のTとJ、講師からはジャニーズよりかっこいいと言われるダーマエとボクシング部でおなじみのジョー、スズキンク、イモティーと私、そしてJパパの9人でした


Jパパは五段の実力者(あってますよね?)で、今回参加してくださり、指導をして下さいました。ありがとうございます

スズキンク、イモティー、私は今回初めて竹刀を振る初心者組

Jパパ、ダーマエ、ジョーを先生に指導を仰ぎ、私達も混ぜてもらい、切り返し、面打ち、小手面など、本格的な練習をさせていただきました











今日初めて竹刀を振ったのに、3人の先生達に太刀筋がいいと褒められて、密かに心の中で喜んでいたのはここだけの話


その後は中高生同士の試合で練習終了
途中、Tのパパママも見学に



練習後はY之介の号令で、全員で礼をして終わりました

最後のJパパの今回の練習についてのコメントで、「塾でただ勉強だけじゃなく、こういった機会で剣道を通して心身共に成長できる」という言葉を頂戴し、やっぱりそういうところがWINWINだよなぁと、私自身しみじみ思い、また、そういうことを言ってもらえた事が、すごく嬉しかったです


今回の剣道の会、いきなり企画したのに、参加してくださり、中心になって指導してくださったJパパ、本当にありがとうございました
また企画しますので、そのときはまた是非よろしくお願いしますm(_ _)m



WINWIN剣道部、ちゃんと発足したいな
ちなみに私は竹刀と防具を買おうかと考えてます笑


とりあえず竹刀はあってもいいかなぁ




また、お昼にはY一朗のお母さんのピアノ教室の発表会を見に行ってきました

塾の生徒だけでなく、そろばんの生徒も何人か出ていて、みんな頑張ってる姿を見られてよかったです


緊張している子もいましたが、みんな活き活きと演奏していて、素晴らしかったです

また次の機会があったら教えてくださいね

子供達が発表するのを見ながら、自分もY一朗ママにピアノを習いに行こうかなぁなんて思ってたのは内緒ですgawk


西山

2013年9月26日 (木)

マラソン部活動記録 9月25日

9月25日

西山 ふくらはぎが痛むため自転車で伴走
Y一朗 ストップウォッチをうまく使えずタイム測れず
Y之介 15分49秒(5分16秒)

今回は日曜日にバスケをした時に足を痛めたため、タイムを測る側に回った

Y一朗はiPhoneのナイキプラスのアプリを使うというので、こちらで測らなくてもいいかと思ったが、ゴールした時に聞くと、アプリがうまく使えずタイムが測れなかったらしい


Y之介はそんなY一朗を見て笑っていたが、こっちの走りもひどかった
前回同様、スタートと同時にダッシュ
Y一朗に追いつかれると、負けないようにしばらくは頑張るが、ずっと横を見ながら走っていたし、1人になると自転車で伴走していた自分に話しかけっぱなし
置いて走ればいいのに、やはり今回も携帯を持って、途中で水着美女の写真を見ながら走っていた


そんな状態でも、前回よりもタイムを上げてきていたので、まだ伸びは期待できそうだ

とりあえず、まずは3周とも同じペースで走ることを覚えさせたい


riceball西山riceball

2013年9月22日 (日)

会の名前はTYOK

最近西山ブログで話題(⁉︎)のY一朗パパ(Aさん)ととY之介パパHさん)とまめ炭に飲みに行った
Y一朗パパが塾長と結成していた「強く優しき男の会」を復活させた


今回Hさん誘ったのは、男の会会員を増やしたかったのと、子供同士が兄弟のようにしているのにお父さん同士はほとんど会ったことがないのもなあと思ったからである


7時からHさんと飲み始め、Aさんは仕事が終わり次第すぐに駆け付けてくれた


3人で塾のこと、子供のこと、仕事のことなど、いろいろ話せて楽しかった
Aさんが仕事の時に危ない人からクレームをつけられ事務所に監禁された話(これはブログに書いてもいいですよね?)や、Y之介が鍵がなくて家に入れず塾長がカウボーイ家族に連れて行った話など、思い出話も出てけっこう盛り上がった

AさんとHさんもすっかり仲良くなり、意気投合した
2人とも優しいし、面白いし、人当たりがすごくいいので仲良くなるのはすぐだった



途中で、Aさんの携帯にY一朗から電話が入り、Y之介が店の前にいるから迎えに行ってあげてと連絡が来たので、店の外に出ると、授業を終えたY之介が1人で店の前に来ていた
お父さんに電話しても繋がらないからと、兄貴であるY一朗に電話をかけたらしい


3人とも飲んでいい気分になっていたので、お迎えに来たような形になってちょうどよかったかも

男の会副会長のAさんが
「この会の名前はT(強く)Y(優しき)O(男の)K(会)にしましょう」
ということで、この会の名前はTYOKと決まった
第2回、3回と繰り返して会員も増やしていけたらいいなぁ


お二人とも忙しくお休みのタイミングも合いづらい中、今回集まれて良かったです
ありがとうございました


講師や生徒とも友達や兄弟のように付き合えたり、生徒のお父さんお母さんたちとも仲良くさせていただくことが多く、ホントにありがたい

こうやって家族のような付き合いのできる方が増えることがすごく嬉しいのだ

riceball西山riceball

«マラソン部活動記録

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31